プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Peace

尖閣諸島をめぐっての反日デモや、竹島問題、はたまた北方領土問題。世界のニュースを見ても、紛争やテロが後をたたず、平和について考えさせられる機会も多い昨今ですよね。中国の日系デパートやレストランがグシャグシャやられている映像を目にするたび、心のどこかが硬く縮んでゆくような気がしました。愛国心とか、敵意とかではなく、なんでこうなってしまうんだろうという、落胆から来る空虚感。そんな時、以前にも紹介した、Thought for Todayで、平和について書かれた一文がありました。

                    

怒りの心で、地球の平和は創れない。
その行為はいつも心の内側からやってくる。
あなたの中で平和を習得できたとき、その振動がまわりの人たちに波及する。
平和に満ちた心を持ったとき、あなたは、ほんとうに魅力的になる。
人々は自然にあなたのそばにいたいと思う。
これこそが、いつの日か世界全体に平和をもたらす方法だ。
素晴らしい一日を!
そして、この仕事は常に私たちひとりひとりのものであることを忘れないで。
Thought for Today (By Mark Karlsson 2012/9/12)

                    

考えてみれば…国際間の利害関係を土台にした平和交渉も、また権力や支配によって手に入れようとしても、それらは本当の意味での平和ではないですよね。平和というもの、それは、ひとりひとりの心持ちから生まれるもの。そしてその波動が伝播し、共鳴し合ったその場所に平和が芽吹き成長する。その振動が、やがて世界中の全ての人に伝わり、地球に平和が訪れる…しかし今の地球を見たら、そんなことは絵空事。世界平和なんてありえない。ほとんどの人がそう思わざるを得ないだろうな。でも、「平和であること」、そんな特別なことなんだろうか?人が日常の暮しの中でふと幸せを感じるように、平和で暮らすこと、平穏でありたいと願うことは、ごく当たり前の、人が生きる基本みたいなものではないかしら。…とすれば、せめて私たちひとりひとりが、1日を平穏無事に過ごせたこと、それがいかにかけがえの無いものであるかに感謝して、平和オーラを放射すれば、少なくともそばに居る家族や、パートナー、友人にあたたかい波動が伝わるはず。憎しみオーラや、不満オーラを発散するより、ずっとずっと世界平和に貢献するはずですよね。「波動」というのは、つまりは「気」。「空気を読む」とか、「気が晴れる」とか、「気」のつく言い回しがやたら多いのは、つまり、私たちは「気」の中で生きているから。ならば…地球も「気」で覆われているとすれば、わたしたちの平和オーラ作戦、必ずしも無意味とは言い切れません。こつこつ伝染させていけば、世界に広がっていくかもしれない。どんな形でも、それが毎日の感謝の気持でも、音楽でも、アートでも、美味しい料理でも…人が癒され平和な気持になるエネルギーを発散してゆきませんか。
平和を奪ってしまう憎しみや恐れや驕りのエネルギーを凌駕して、ひとりひとりがこつこつとね。
8月、LONDONオリンピックの閉会式で、人々が持ち寄った真っ白なピースが、最後にJohn Lennonの顔になって…皆で「Imagine」歌い始めましたよね。Pattyも大好きな曲。2番目はこんな歌詞です。

Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace

想像してごらん。国なんてないんだ。難しくなんかない。
殺す理由も死ぬ理由も宗教も無い。
想像してごらん。ただみんなが平和に生きているってことを。

LOVE & PEACE
スポンサーサイト

Fool's Journey

愚者
Noeギャラリーのカルチャー教室で大変お世話になっているYOGAの先生に、タロット出張講座のご依頼を受けました。F先生は、すでにPattyのタロット教室の大小アルカナコースをサクサクはなまる賞で終了され、タロットの奥の細道に迷い込んでおられます。Pattyといたしましては、非常にうれしいかぎり! で、今回の講座では、「タロットってちょっと興味ある…」という方にも、「すっかりハマッてます~」という方にも、楽しんでいただけるお話、何かできないかな~ということで、「フールズジャーニー」を取り上げることになりました。タロットの大アルカナは22枚。その0番のカードが、The Fool(愚者)です。大アルカナは、愚者の人生の旅路を描いた書ともいわれており、純真無垢な主人公の愚者が、大人になってゆく旅、つまり彼の魂の成長の過程で出会う人々、体験として大アルカナのそれぞれが登場します。物語が終わる頃には、大アルカナの理解がさらに深まるという、まさに一石二鳥の講座です 今、かなり凝りに凝って(^^ゞ原稿をすすめていますが、「いやぁ~深い!」まるで大河ドラマです!私たちの人生も、愚者の旅のように、迷い、学び、有頂天になり、傷つき凹み、またリセットして前に進む…その繰り返し。その1枚1枚を、自らがシャッフルし、切って選び出したカードは…果たして偶然と言えるでしょうか?タロットは、「あ、そういうことか…」と腑に落ちたり、迷っている背中をポンと押してくれる、自己発見のツールです。お告げや、予言でもありません 「自分のことは自分で決める!他人や、占いごときに決めてもらうのは嫌~」と思っている人、意外や意外!実はタロットに向いているかもしれませんよ。(実はPattyもそうでした
タロットの扉、ちょっと覗いてみようかな~という方、是非Pattyの大河ドラマを聞きにいらしてくださいませね

Pattyのタロット講座の詳細は、MELLOW YOGA主催:やさしいタロットのおはなしvol.1~フールズジャーニーとタロットから見る自分の運命~
http:////mellowyoga.blog91.fc2.com/blog-entry-260.html

ではでは~
今夜はこのへんで~

気づきについて

数年前、香港で、ある英国人ヒーラー主催のワークショップに参加しました。当時、心身ともにしんどい時期だったことが、ヒーリングやエネルギーワークに興味を持つきっかけとなったのですが、たまたま出席したそのワークショップ、参加者が多かったのにもかかわらず、場のエネルギーを調和させたすばらしい内容でした。その後も、彼の個人セッションやワークショップに何度か出席しましたが、その度に「気づき」を与えてくれました。そのヒーラーさんが配信しているニュースレター、"Thought for Today!" に、今日はこんなことが書いてありました。抜粋しますね。「あなたが生きるこの世界には、何ひとつ間違った道などない。成功チームにいるのか、学びのチームにいるのか、そのどちらかだ。そしてそのどちらもが勝利者であり、人生に欠くことのできないもの。気づきが現実をつくるということを忘れないで。今日のあなたの為に一番役立ってくれる現実に気づく練習を積んでください。」…上手な訳でなくてすみません。でも、きっとこういうことではないかしら。「思考が現実を作る」と良く言われますよね。今ある自分の現実のどの部分に気づき、どこに光を当てるのかによって、その日一日が変わってきます。勝つことだけに価値を置き、できていないところ、足りないところばかりに目を向けるのか、それとも、昨日できなかったことができた喜び、人からもらった小さな優しさ、自然への感謝の気持…そんなところに喜びを見出すのか。ちょっとした物の見方が変わるだけで、不思議に幸せな気持になり、あなたを取り巻く現実が輝き始めます。その時何を選ぶか…できていない自分と満ち足りた自分が選ぶものは、きっと全然違うんでしょうね。一日一瞬の選択の積み重ねが、今のあなたをつくっているとしたら、現実をどう認識し何を選ぶかで、人の未来は変えることができる。今が、未来が輝いていれば、辛かった過去も輝きはじめる。
「いま足るを知る」…これにも繋がるのかもしれませんね~今ある自分に気づき、認めてあげること。
今夜は、ちょっと自分に優しくしてみようかな。

under the weather...

まだまだ梅雨空が続く関西地方。だる~い毎日です。気温が同じでも、湿気や気圧によって体感する不快度って違いますよね。しかも、女性は月齢や潮の満ち干によっても、気分や体調が左右されてしまうとなると…100%本調子っていう日は、月のうちほんの数日とちゃうやろか(-_-;)…と言い訳をしたくなるくらい。 Pattyの周りにも、「体調悪いと思ったら、新月だ!」とか、「なんだか変な胸騒ぎがすると思ったら、今日は満月かぁ~」という、かぐや姫たちも結構いてはります。
こんな重っ苦しい曇り空の下を歩いているといつも浮かんでくるのが、"under the weather"という言い回し。
"weather"は、「天気」という意味が一般的ですが、特に悪天候を指す場合があり、"under the weather"「具合が悪い」「気分がすぐれない」はたまた「二日酔い」などの意味になります。深刻な病気ではないけど、「な~んかだるい~」。歩いても歩いてもわたしの頭上にはグレーの雨雲がついてくる…そんな光景が浮かんできますよね。雲といえば、そうそう、素敵なことわざがあります!(^・^)
"Every cloud has a silver lining." Pattyの大好きな言葉 "silver lining" --- 「銀色の裏地」 曇り空を見上げていると、雲のまわりがきらきらした光の縁どりになっているのを見たことありませんか?あれは、雲の裏側が銀色の裏地で覆われているから。「辛いことがあっても、必ず希望がある!良いことも背中合わせ」ってことですよね。「しんどいな~たいへんやな~」と思うときには、「銀の裏地!」ってつぶやいてみると、ちょっと元気になったりします。気分が↓↓のとき、ぜひ思い出してみてくださいね!

ロンドンに住んでいたころ、英語のことわざにハマっていた時期がありました。けっこう笑えるのとか、かわいい設定だったりすることわざ=proverbもあるんです。今度また、ご紹介しますね!

ではでは~CU!

オーラリーディング・タロット占いのご案内

☆PattyのTarot占い

使用するカード:ライダー版およびステラ薫子タロット

人間が生涯を通じて経験する大きな出来事や深い意味を伝える22枚の大アルカナは、Fool's Journey(愚者の旅)とも呼ばれ、私たちが成長してゆく魂の経験や出来事が、生き生きと描かれています。
一方、日々におけるちょっとした心の動きや人間模様が、わたしたちの日常や心理状態にどんな影響を与えているのかを、克明に語ってくれる56枚の小アルカナ。この78枚のカードから、あなたが選び出す数枚のカードが語るものとは??この必然が、あなたに深い気づきを与えてくれます。

基本料金:20分 2,000円~ 以降、案件1件ごとに+1,000円


☆Pattyのオーラリーディング

そもそもオーラって何?
私たち、広く言えば、地球上のすべてのものはエネルギーでできています。「気」または「エネルギー」と呼ばれる、異なる周波数に対応する色を帯びた光の層が私たちの身体の周りにあり、それがオーラと呼ばれる正体です。オーラは、体調や気分によって雲のように常に変化しています。あなたが自分に合った仕事をし人生を楽しんでいるか、つまり、自分らしく生きているかどうか、オーラの色や状態が、たくさんのことを教えてくれます。Pattyのオーラ診断では、上半身のオーラの色や状態を、パステルを使った図柄で描き、それぞれの色の意味を説明します。次にペンジュラムを用いて、各チャクラから出入りするエネルギーの状態をチェックすることで、よりパーソナルで、深い心身の状態を知ることができます。自分のメインカラーを知ることで、もっと自分がわかってくるかもしれません。

オーラリーディング 約40分(オーラ診断+チャクラチェック) 4,000円
オーラ&タロットフルセッション 約1時間  5,000円

ご予約受付:Tel:072-782-3909(Arca di Noe 月曜定休)
または、email:arcadinoe@trad.ocn.ne.jp

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。